今月の実行(引渡し)店頭金利 フラット35

今月の実行(引渡し)店頭金利フラット35はコチラからご確認ください。

借入年数、手数料支払方、建物により異なります。
フラット35は適合証明が必要なので中古の場合は使用できない場合があります。


※引渡し時(融資実行時)にはその月の金利と変わります。

広島銀行・広島信用金庫・もみじ銀行などでは諸費用も借入できる金利1%以下・弊社提携金利もございます。
(変動金利・3年固定)

お客様の勤務先、勤続年数、年収、担保になる物件、以前の金融の延滞履歴などにより審査結果は各自異なります。
パートやアルバイトは正社員ではないので満額審査に反映されない金融機関が多いです。
良いなと思った物件があれば事前審査は無料なので試してみて下さい。
(但し、有効期限は約半年です。また、担保になる物件やお客様の内容などが変われば以前の審査は無効になります。)

御存じですか?

消費税が10%になる可能性がある事はご存じですよね? 
 
(通常:着工から完成までに木造は約3~4か月、軽量鉄骨で約2~3か月必要です。土地購入からだと2~3ヶ月さらに必要です。)

住宅ローンの審査は仮でも建物をどこで施工するか?何㎡の建物かが(間取り)必要な金融機関もあります。
建物を1年または3年以内に建てないといけないなど 金融機関により条件は違います。
住宅ローンは建物(住宅)があるから住宅ローンで金利は安いのですが、土地だけだと金利が高くなる可能性があります。

建物請負契約を結ぶためには
土地に合わせた間取り、請負金額も必要となるので早めの土地探しが必要ですね。

土地契約は宅地建物業法などで建物請負契約は建築業法で同じ国土交通省ですが法律が違います。だから免許番号も違います。
土地契約はローン特約がありローンが不承認の方のみ期日内の解約でしたら手付金が返金されるのですが、
建物請負契約はローン特約がなくローンが不承認でも返金されない事もあるのでローンの審査が承認されてから
建物請負契約を結んだ方が良いです。


また、消費税が10%になると仲介手数料の消費税も(仲介料・金融機関などへの事務手数料など)
8%→10%になります。

建築費用も消費税が5%の時には平成26年3月31日までは1470万円だと(内、消費税5%=70万円)でしたが、
今は1512万円(内、消費税8%=112万円)です。
消費税が10%になると1540万円(内、消費税10%=140万円) です。
同じ仕様で同じ1400万円(税抜き)でもこれだけ違います。
一番高い買い物なので今は金利も安いですし、健康でないと住宅ローンも借りられなくなるので早い方が良いですね。

佐伯区五日市駅前の土地も約25年前(バブル時代)は坪100万円ぐらいしてました。約5年前で約50万円ぐらいでした。
現在は約70万円はすると思います。(これは南向きの物件で間口も広い物件の事です。坪単価は物件の方角や間口などによります。)
金利も約25年前で約5%という時がありました。低金利の今、長期固定にしておく方が安心だと思います。

家は誰の為に必要でしょうか?「いつかは現金購入でマイホームを購入したかった。」と
購入されたおばあちゃん(60歳)が言われてました。
でも、購入後に「子ども達の為にローンを組んででも早く購入すれば良かった。」と言われてました。